耐え難い膝の痛みを治す方法|普段の生活を見直す

男女
手

「老け手」を予防する

ハンドベインとは手の皮膚の衰えによって血管が浮き出て見える状態を指します。病気ではありませんが老けて見られる原因になります。対策としては保湿力の高いハンドクリームやサプリメントでこまめにケアし、紫外線や水仕事によるダメージを防ぐことが大切です。

回復を確認できる

膝

温熱療法がお勧めです

高齢になると膝の痛みがでることが多いです。熱を持っていると感じたら、湿布を貼りたくなりますが、冷やすより温熱療法の方が効果があります。湿布によっては冷たくなるタイプのものがあるため、注意することが大切です。お風呂で温めるのもよし、ホットパックを使って温める方法もあります。血行がよくなり、症状がよくなります。正座も避け、女性でしたら、かかとの低い靴を履くことをお勧めします。トイレも和式よりは洋式のほうが負担がかかりません。長時間立つことも避けたほうが賢明です。膝の痛みが続くと不安になりますが、定期的にレントゲンを撮影すると骨の状態もわかり、症状がよくなっているか確認することができます。少しずつ良くなっていると確認できるはずです。

症状を和らげること

いろんな体の悩みが高齢になるとでてきますが、膝の痛みが出てきた場合、サプリメントを摂取すると症状が和らぎます。グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンが入っているものが人気があります。グルコサミンは軟骨の成分を作り出す働きがあります。高齢になり、骨と骨の隙間が亡くなり、擦り減ってしまうことがありますが、摂取すすると効果があります。コンドロイチンは軟骨の水分を保ち弾力を保つ働きがあります。骨の状態がよくなり、膝の痛みをよくすることができます。コラーゲンは関節の動きを柔らかくします。どれも人気があるサプリで、一種類だけではなく、数種類入っているタイプもあります。自分に合うタイプのものを選ぶことをお勧めします。

女の人

処方ではなく市販で

市販薬といえば病気に効果があるものとイメージしますが、現在ではアンチエイジングのための製品も数多く登場しています。また、自然由来の原料を使用した漢方薬系のサプリメントがたくさんありますので、口コミサイトを利用して、自分の摂取しやすいものを買いましょう。

女性

スベスベの手になりたい

手の血管が浮き出て目立ってしまうハンドペインは、コンプレックスにもつばがりやすい悩みです。血管の老化などが原因で起こる症状ですが、近年では比較的手軽に治療が可能となっています。まずは専門医に相談してみるのが良いでしょう。